メイクアーップ!

メイクアップアーティストの仕事はメイク道具次第?それとも?

仕事に必要なアイテムというと、ビジネスマンであればパソコンや名刺、画家であれば画材など仕事の数だけそれらのアイテムもあるといっていいでしょう。
会社員であればそれらのアイテムは会社側が支給してくれますが、個人事業主となれば個人で用意しなくてはなりません。
それらは経費として落ちるわけですが、まずは購入する費用が必要となります。
使えれば古くても何でもいいので低コストで抑えたいという人もいると思いますが、強いこだわりをもっている人も少なくないのではないでしょうか。
例えばメイクアップアーティストのような仕事であれば、メイクをする人の顔はキャンバスのようなものでしょう。
しかしそのキャンバスは人間なわけですから、ブラシなどのメイク道具の感触を感じているわけですので、あまりにも質の悪いものを利用すればメイクをされている人が不快に思うかもしれません。
また、ブラシの質次第でメイクののりも変わってくこともあるでしょう。
それはメイクアップアーティストに限った事ではありませんが、仕事道具というものはある程度質が良いものを使った方がいいのかもしれません。
もちろん、高価で質の良い物であっても、それらに見合う仕事をしなければ宝の持ち腐れになってしまうのは言うまでもありません。

メイクアップアーティストが持ち歩いているメイク道具

メイクアップアーティストは半端ない数のメイク道具を持ち歩いています。
アイシャドウ、チーク、アイライン、グロスなど一般的な女性ならば2つずつくらいですがメイクアップアーティストは薄い色から濃い色まで何本も持っています。
しかもメイクブラシもたくさん必要なのです。
どうやって持ち運んでいるのでしょうか?ケースをあけると全部がみえるように整理します。
また同じものは分類し探しやすいようにします。
メイクブラシは細いのから並べたりアイシャドゥであればグラデーションになるような形で整理します。
スーツケースのようなケースに入れている人もいます。
一つのケースの中にたくさんの収納があるケースを選びます。
また色がすぐにわかるように目印となるシールをはったりしてすぐにとりだせるようにします。
メイクアップアーティストは人をきれいに美しくするために常に最新のメイク道具を常備していたりお客さんの要望に答えられるように市販のものからプロ仕様のものまでたくさんあります。

注目サイト

医療用ウィッグを検討する

Last update:2018/4/13