メイクアーップ!

メイクアップアーティストのアシスタントになるには

メイクアップアーティストになりたいと考えた時、アシスタントとして働き、現場でプロの技術を直接見ながら、覚えていきたい、身につけていきたいと考える人は少なくありません。
ですが、これは簡単な事ではありません。
メイクに関して独学で勉強をする事は出来ても、個人で業界と繋がりを持つという事は簡単ではありません。
元々、業界との人脈がある場合、その人脈から、業界へ入れるという可能性はあります。
ですが、周りに業界と繋がりがある人がいない場合、簡単には、メイクアップアーティストのアシスタントとなる事は出来ません。
余程の技術とセンスがある場合、SNS等を利用する事で、人脈を作れる可能性もありますが、それ以外の人の場合は、まずは専門学校等に行く事がお勧めです。
専門学校に行けば、業界との人脈を作れる可能性が出てくるだけでなく、直接、業界への就職もしやすい状態を作れます。
ですから、メイクアップアーティストになりたいと考えたら、専門学校に行く事が近道となります。

メイクアップアーティストのアシスタントとして働く時は

メイクアップアーティストとして働く時、まずはアシスタントから始まるという事は珍しくありません。
この時、気をつけておきたいのが、収入についてです。
本格的にメイクアップアーティストとして働き始めれば、収入は多少、安定する事になりますが、見習いのような状態の時は、殆ど収入を望めない、収入があっても生活するのも大変な程度という事も少なくありません。
ですが、この仕事は、毎日定時に始まり、定時に終わるという仕事ではなく、不規則な働き方となる為、生活の為にアルバイトをするという余裕がない状態になってしまう事も少なくありません。
ですから、見習いでも働き始めれば、収入が安定すると考えず、まずは安心して働けるように、ある程度の蓄えを作っておく事がお勧めです。
それにより、仕事に集中する事が出来るようになります。
メイクアップアーティストになる為に、アシスタントから始めるという事は珍しくありませんが、その際の収入は少ない可能性の方が高い事を意識しておく事も大切です。

おすすめWEBサイト 5選

インビザラインを東京で相談
http://rf-ortho.com/

2017/5/11 更新